スマホ節約人@Twitter

楽天ROOMの稼ぎ方〜心理学で認められた単純接触効果を使いこなせ!!〜

3 min

楽天ROOMが稼げるって聞いたけど、あんまり稼げません。どーやって稼げばいいの??

それならまずは「単純接触効果」を使いこなすんや!!

この記事では通勤電車ブロガーのスマホ節約人が、ブログで得たWebマーケティングのテクニックを使って、なるべく苦労せずに楽天ROOMで稼ぐ方法を紹介しています。

今回紹介するテクニックは「単純接触効果」です!!

ブロガーは毎日更新であったりSNSの毎日発信を通じて、「単純接触効果」意識した上で地道な積み上げを行っています!!

ブロガー御用達のテクニック「単純接触効果」是非参考にしてみてください!!


アドセンス記事内広告

そもそも単純接触効果ってなに??

単純接触効果をザックリ説明すると

「何度も接触していると自然と警戒度が薄れて好感度が高まる!!」

といったものです。

別名ザイアンスの法則と言われており、心理学上も効果があると立証されています。

なお、Googleで「単純接触効果」と検索してみてください!!

恋愛系アプリのサイトが出てきます!!(笑)

マーケティングなんかよりニーズの高い恋愛において「単純接触効果」が使われてるってことですよ!!

そりゃ好きでも無いブロガーやROOMERより、好きなブロガーやROOMERを経由して購入したいわな(≧▽≦)♪♪

楽天ROOMでの単純接触効果については次の章から解説していきます!

楽天ROOMでお手軽かつ効果的な単純接触は??

楽天ROOMでの単純接触は「いいね」!!

楽天ROOMでお手軽かつ効果的な単純接触は「いいね」を押すことです!!

「いいね」を押すことでお相手に認識して貰うことはもちろん、会話の無い交流を図っているのです。

そんなの当たり前ですよね??

でも、楽天ROOMを続けていると「いいね」をポチポチ押すことが無意味に感じることがありませんか??

そんな時は「単純接触効果」を思い出してください!!

正直、効果の実感が得られにくい「いいね」ですが、毎日続ければ少しずつ認識となって積み重なり、それが稼ぎに繋がります!!


「いいね」を押すなら相手を選べ!!

もちろん「いいね」は何も考えずに押すよりは、相手を絞って押すほうが効果的です。

自分の商品にいいねを押してくれる人や自分の趣味の商品を紹介している人等、自分のROOMに興味を持ってくれそうな方に集中的に「いいね」を押しましょう!!

ワイもTwitterで交流してる方や、スマホばっかり「コレ!」してる方から「いいね」を貰えると嬉しくなるで

楽天ROOMのコメントを使えば、単純接触効果で稼げる??

単純接触効果を性質を考えたら楽天ROOMにてコメントする方が効果がありそうですよね?

でもこれには良い使い方と悪い使い方があります!!

楽天ROOMのコメント〜良い使い方〜良い使い方としては、楽天ROOMを通じて購入したことをコメントすることです!!

これは相手も嬉しくなり、単純接触効果もガツンと上がります。

お返し購入も期待でき、稼ぎに繋がりやすいです!!

楽天ROOMのコメント〜悪い使い方〜

悪い使い方は、全く意味の無いコメントをすることです。

ブログであればそれなりに時間をかけて書いており、ちょっとしたコメントを貰えるだけでモチベがあがります。

ただ、楽天ROOMの「コレ!」は一瞬、説明文を頑張って書いても数分です。

また、ブログは経由購入の期待値が低く売上以外にやり甲斐を見出している人が多い反面、楽天ROOMは経由購入のためのアプリであって売上の有無にシビアな人が多いです。

下手なコメントは相手の期待だけを高めてしまい、むしろ逆効果になりかねません。

購入の期待値が高い楽天ROOMだとコメントは裏目になりがちや!!気をつけや( ≧Д≦)

まとめ〜この記事のポイント〜

①単純接触効果で売上UPを狙え!!

②楽天ROOMの「いいね」は心理学上の単純接触効果に該当し、成果に繋がる!!

③楽天ROOMの「コメント」はROOMERの経由購入期待値が高いため、逆効果になるケースもある!!

以上です。

このブログではスマホのお得情報や、楽天ROOMを始めとしたスマホでできる副業の記事を書いています。

また、有料にはなってしまいますが、ブログには書いていない、よりマーケティングに特化した記事をnoteで販売しています。

興味がありましたら、是非覗いてみてください。

3月からは楽天ROOMのランクボーナスが少なくなってしまい、今までよりは稼ぎづらくなります。

だからこそ、あまり負担にならない形での自分なりの稼ぎ方を見つけましょう!!

この記事がその一助になりましたら、幸いです😆✨✨


f:id:halma0004:20200221131226j:plain

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です