スマホ節約人のレビュログ!!

SNSに散らばるスマホ&キャッシュレス等のお得な情報をブログで紹介します♪♪格安スマホ会社の推しはOCNモバイルONE!!

【スマホ投資】dポイント=現金!?日興フロッギー特徴3つ!SBIネオモバイル証券との違いも解説!!

dポイントで株が買える日興フロッギーの特徴を教えて欲しい!SBIネオモバイル証券だけじゃ駄目??


SMBC日興証券とNTTの共同サービス「日興フロッギー+ docomo」が2020年3月24日にリリースされました!!


この記事では、単なるポイント投資に留まらない新サービ「日興フロッギー+ docomo」の特徴を紹介します!!


「日興フロッギー+ docomo」の特徴①〜期間限定dポイントでも投資可能!!〜

「日興フロッギー+ docomo」1つ目の特徴は、dポイントで株式投資ができることです。


このdポイント、なんと期間限定dポイントでも投資が可能です!!


dポイントは100ポイント単位での投資が可能です。


ちょっと余っていて使い切れない期間限定dポイントでそのまま株式投資ができます!

「日興フロッギー+ docomo」の特徴②〜dポイントがザクザク貯まるサービス内容!!〜

「日興フロッギー+ docomo」2つ目の特徴は、dポイントがザクザク貯まるサービスが充実している点です!


「日興フロッギー」は、投資初心者向けのサービスであり、会社の紹介記事を読みながら投資先を勉強するスタイルです。


そしてなんと、記事を読むだけで、3ポイント付与する特典なども用意されています!!


ポイントは無限付与ではないと思いますが、勉強した上にポイントまで貰えちゃう嬉しいサービス内容になっています!


なんでも「ポイ活」にならぬ「ポイ株」をという新しいサービスとしてリリースしたそうで。


この点が単なるポイント投資とは異なる魅力ですね!!


「日興フロッギー+ docomo」の特徴③〜端株も購入可能!ただし注意点あり!!〜

「日興フロッギー+ docomo」3つ目の特徴は、端株の購入が可能な点です。


ただし、この端株購入については注意が必要です!


「日興フロッギー」では端株を購入しても株主優待を受けることができません!!


配当は受け取れますが、株主はあくまでSMBC日興証券となるそうです。


Tポイントで投資ができるSBIネオモバイル証券では、端株投資でも株主優待が受け取れます。


この点についてはSBIネオモバイル証券に軍配があがりそうですね。


●端株投資についてはこちら





端株優待の利回りは正直異常なレベルや!!端株投資ならSBIネオモバイル証券、この認識で間違いないで

「日興フロッギー+ docomo」評判・口コミ

ブログ執筆時点では「日興フロッギー+ docomo」の評判・口コミ情報はさほど集まっていません。


この辺りはおいおい追記とさせて頂きます。


ただ、現在では

「日興フロッギー+ docomo」のスタートキャンペーンを実施しています。


専用フォームに申し込んだ方から抽選で6,000名にdポイント500ポイントをプレゼントされるそうです。


こうしたキャンペーンもあり、現在ではSNSにてなかなかの盛り上がりを見せています。

「日興フロッギー+ docomo」手数料

手数料は100万円以下の注文で購入時手数料0%、売却時手数料0.5%です。

100万円超では購入時1.0%、売却時1.0%となっています。

手数料 購入時 1売却時
100万以下 0.5% 0.5%
100万超 1.0% 1.0%

おまけ〜dポイントが付与されるNTT株とのコンボ!!〜

NTTの株主には、所有してから2年目及び5年目に従来の配当金とは別にdポイントが付与されることとなりました!

2年目 1500ポイント
5年目 4500ポイント



NTT株を持っていれば、このdポイントで更に株を買う…というコンボが可能です!!

まとめ

端株優待についてはSBIネオモバイル証券に劣るものの、期間限定dポイントまでも現金のように使える日興フロッギー。


使わない理由はありません!!


ポイ活で貯めたdポイントで是非株式投資にチャレンジしてみましょう!!



f:id:halma0004:20200326071807j:plain