スマホ節約人(スマホで節約×副業×投資)

スマホを活用した節約・副業・投資・資格で人生を豊かにします!!格安・中古スマホのお得なニュース最新機種のレビューもあります♪♪

【楽天市場】楽天お買い物マラソンの注意点

楽天お買い物マラソンとは、楽天市場での買い回りイベントです。

楽天市場では、とある期間にお買い物をするとポイント還元が最大44倍(公式発表)になるお得なキャンペーンを実施します。

この最大44倍とは様々なキャンペーンを組み合わせたもので、一見するとちょっと複雑で非常にわかりにくいです。

そこで、この記事ではその44倍のうち、買い回りをすることで還元が10倍(9%)UPするお買い物マラソンの注意点について解説します。



1 エントリー必須

買い回りイベントとなるお買い物マラソンはエントリー必須のイベントです。

エントリーを怠ると、買い回りをしても一切ポイント還元がUPしないので注意してください。

楽天市場のサイトはアプリから下記のような画面にサクセスし、エントリーボタンを押すことでエントリーは完了します。

f:id:halma0004:20191013204946j:plain

エントリーだけなら無料ですので、お買い物マラソンに参加するしないにかかわらず、エントリーしましょう。

2 対象店舗やサービス

楽天お買い物マラソンの買い回りカウント店舗は最大で10店舗です。

10店舗買いまわることで通常の+9倍の楽天ポイントが付与されます。

店舗数による楽天ポイントの付与率

1店舗…1倍(+0%)
2店舗…2倍(+1%)
3店舗…3倍(+2%)
4店舗…4倍(+3%)
5店舗…5倍(+4%)
6店舗…6倍(+5%)
7店舗…7倍(+6%)
8店舗…8倍(+7%)
9店舗…9倍(+8%)
10店舗…10倍(+9%)

店舗は1店舗1回

対象となる店舗で複数回購入しても、お買い物マラソンのカウントは1度のみとなります。

したがって、欲しい商品が同一店舗で2つ以上ある場合には、別の店舗で探すか、次回のお買い物マラソンに回すとよいでしょう。

楽天ブックスやKoboも対象

楽天お買い物マラソンでは楽天ブックスやKoboでの購入も1店舗としてカウントされます。
楽天ブックスでの購入は本に限らず、様々ありますのでありがたいですね。

コミック等の金額が少ないものを購入する場合には1000円以上となるように複数種類のコミックを購入するよう、計画的に利用しましょう。

KoboのSPUをクリアするためにも、こちらの店舗は上手に使いたいですね。
  

楽天delivery

こちらの楽天deliver、お買い物マラソンのスタンプは押さませんが、マラソンの買い回りにはしっかり反映されるそうです。

わかりにくいですが参考の一助にしてください。

楽天ふるさと納税も対象

楽天ふるさと納税も楽天お買い物マラソンの1店舗としてカウントされるそうです。

こちらはとてもありがたいですね。

自己負担となる2000円についても、楽天お買い物マラソンを使えば簡単に取り戻せます!!

ふるさと納税は楽天お買い物マラソンのタイミングで行いましょう。

3 購入金額は1店舗1000円以上

楽天お買い物マラソンの買い回り店舗としてカウントされるには1000円以上のお買い物が必要になります。
1000円未満ではカウントされません。

そこで、このケースで1000円未満になった場合、買い回り店舗としてカウントされるの?といった事例をいくつか紹介します。

楽天ポイントの利用

楽天ポイントを利用して実際の支払額が1000円未満となった場合でも、楽天ポイント利用前の金額が1000円以上であれば、買い回り店舗としてカウントされます。

楽天市場において、楽天ポイントはお金と同様で、
楽天ポイントは1P=1円と覚えておいてください!!

SPUの対象とならない等の例外はありますけどね(^^;)

クーポンの利用

クーポンを使用して1000円未満となった場合、楽天マラソンの買い回り店舗からは対象外となってしまいます。

クーポンを利用しても1000円以上となるよう、金額計算には注意しましょう。

楽天ポイントとは異なり、
クーポン割引≠円と覚えておいてください。

送料について

楽天市場では金額に送料が含まれているものと含まれていないものがあります。

送料込みで1000円を超えるものであれば、当然楽天お買い物マラソンの買い回り店舗としてカウントされます。

しかし、送料が別で、送料を除くと1000円未満となる場合には、送料を加えれば1000円以上であったとしても、楽天お買い物マラソンの買い回り店舗としてカウントされません。

送料分は金額に換算されない。お買い物マラソンに当たっては重要な点になります。



4 ポイント付与には上限がある

楽天お買い物マラソンのキャンペーンで付与される楽天ポイントの上限は1万ポイントが上限です。

したがって、これを上回るような金額を購入しても、1万ポイント以上は付与されないため注意してください。

購入金額によっては10店舗まるまる買い回る必要がなくなります。

店舗数と購入金額については次の表をご覧ください。

店舗数と購入金額の関連表

1店舗… - 円
2店舗…1,000,000円
3店舗…500,000円
4店舗…333,333円
5店舗…250,000円
6店舗…200,000円
7店舗…166,666円
8店舗…142,857円
9店舗…125,000円
10店舗…111,111円

上記の表のとおり、2店舗の合計が100万円(以上)であれば上限となる1万ポイントは付与されるため、これ以上の買い回りは不要です。

楽天お買い物マラソンの際には、上記の表を利用しながらご自身の購入金額と店舗数とのバランスを常に意識して買い回りましょう。

5 予約購入

楽天市場に出店している通常店舗での予約購入は、楽天お買い物マラソンでの購入としてはカウントされません。

しかし、楽天ブックスのみ予約購入であっても楽天お買い物マラソンの対象となるようです。

楽天ブックスの予約購入については、今後いつ変更されるかわかりませんので、
お買い物マラソンの際には最初に公式ページのFQA等を確認してください。

6 お買い物マラソン開催月

楽天お買い物マラソンについては基本的に毎月開催されています。

月によっては月に2回の開催のケースもあります。

したがって、楽天でのお買い物はできるだけお買い物マラソンのタイミングに集中させて、ポイント10倍をクリアできるように準備しておきましょう。

お買い物マラソン以外のタイミングで購入してしまうと、
大抵の場合には損をしてしまうことが多いです。

まとめ

この記事は楽天お買い物マラソンの買い回り時に気をつけたいことをまとめました。

一度で読まなくても大丈夫ですので、マラソンの際にはぜひ目を通していただき、損のないようにマラソンの買い回りを実施してください。