スマホ節約人(節約×投資×スマホ)格安・中古スマホ駆け込み寺

株主優待や格安・中古スマホを中心とした節約ブログです。お得なスマホニュースや、生活レベルを下げない節約テクニックを紹介します。不動産、ペット、ゲームにも興味あります。

IIJ絶好調!総務省の方針は「歓迎」に見える意図とは!?

IIJの2019年第1四半期の決算発表がありました。

法人向けの事業が牽引して増収増益とのことです!!

BIC SIMを利用している私としては、IIJが好調であることは大変ありがたいです。格安SIMは運営会社の経営状況が通信速度に影響しますからね。

お昼のピーク時に向けて個人向け回線の増強してくれないかなぁ…とつい期待してしまいます(笑)

IIJはMVNEとして他社の通信を支えつつ、個人向けについてもeSIMなどの核心的なサービスを開始しています。

個人向けの成長は鈍化しているようですが、法人向けはまだまだ伸びる余地がありそうなので、成長銘柄としても期待して良いのではないでしょうか??

なぜ総務省の方針を「歓迎」しているのか?

IIJの社長は総務省の方針に対しては「歓迎」と言い切っています。

規模を考えればIIJも規制の対象になるにも関わらず、です。

その理由はズバリ、IIJは高額端末の割引を積極的に行っていないから!だと思います。

先日私がBIC SIMに変更した際には、108円端末などの非常にお得な端末がズラリと並んでいました。

ただ、それらのほとんどが2万円から3万円のほどの価格帯の機種でした。

IIJは高額端末の取り扱いが少なく、2万円以上の端末割引もほぼ無いため、割引上限2二万円に制限されても全く影響がないのです。iphoneも新品ではなく中古品を取り扱っていますからね。

割引上限はキャリア3社に加えて、Y!mobile、UQモバイル、楽天モバイルが積極的に行っていますので、こちらは影響を受けるでしょう。

自社はほぼ影響がなくて、ライバル会社は影響を受けるのですからそりゃ歓迎ですよね(笑)

まとめ

話が飛び飛びになってしまいましたが、この記事でお伝えしたいことは、IIJは投資先としても、格安スマホのサプライヤーとしても非常に優秀ということです。

えっ私ですか??IIJの株は現時点では一切持っておりません(笑)

まとまったお金は持ち合わせていないので、SBIネオモバイル証券で1株ずつ買ってみようかなぁ(´・ω・)

SBIネオモバイル証券、批判するかたもいらっしゃいますが少ない金額で色んな会社の株主になれるので、ゲーム感覚で楽しく投資出来てオススメですよ!!( ・∀・)ノ♪♪