スマホ節約人(節約×投資×スマホ)格安・中古スマホ駆け込み寺

株主優待や格安・中古スマホを中心とした節約ブログです。お得なスマホニュースや、生活レベルを下げない節約テクニックを紹介します。不動産、ペット、ゲームにも興味あります。

フリマアプリでスマホを購入する際の注意点!!

フリマアプリのスマホはお買い得

メルカリやラクマといったフリマアプリの流行もあって、個人間でスマホを売買することも一般的になってきましたね。

フリマアプリでのスマホ購入は、販売店では実現不可能な価格でスマホを購入できるメリットがあります。

実際、私も非常に魅力的なお値段でスマホを購入したことがあります。

一方で、フリマアプリでの中古スマホの購入にはトラブルも付き物です。

この記事では私の体験から感じた、フリマアプリでのスマホ購入の際に注意すべきポイントを解説します。

フリマアプリでの中古スマホ購入のポイント

フリマアプリにおいてスマホを購入する際の注意点は以下の4つになります。

①SIMフリー機を選ぶ
②入手経緯を確認する
③保証の有無を確認する
④取引実績のある出品者を選ぶ


SIMフリー機を選ぶ

スマホの電波についてはdocomo系、au系、SoftBank系の3つに分類されます。

それぞれ規格が異なるものであり、auから販売されているスマホであると、SIMロックが解除されていないとdocomoやSoftBankの電波では利用することができません。(当然、その逆もあります)

また、SIMロックが解除されていても、auから販売されていたスマホはau系の電波を拾いやすいように設計されています。

こうしたトラブルを避けるために、フリマアプリでスマホを購入する場合にはSIMフリー機を選びましょう。

入手経緯を確認する

docomo、au、SoftBankから販売されていたスマホの場合には割賦販売の料金支払いが終わっていない、いわゆる赤ロム※というスマホが存在します。

赤ロムスマホの場合、ネットワークの利用が制限されるため、Wi-Fi環境以外にて利用することが不可能になります。

購入直後は使えていたとしても、ある日突然スマホが使えなくこともあります。

SIMフリー機であれば、割賦販売であったとしてもこうした制限をかけられないことから、安心して利用することができます。

ただ、出品者がSIMロック解除=SIMフリー機と認識しており、SIMロック解除機種をSIMフリーと言って販売しているケースもあります。

そうしたトラブルを防ぐためにも、販売者の購入経緯は確認するようにしましょう。

※…通信キャリアのHPにてIMEI(製造番号)を入力することで、残債の有無について確認が可能です。

③保証の有無を確認する

スマホについては販売店舗による保証ではなく、メーカーが直接保証義務を負っています。

メーカー保証は販売から1年間であることがほとんどであることから、購入予定のスマホの購入時期は必ず確認するようにしましょう。

購入時の箱があれば、レシートや保証書がなくとも保証のための番号を確認することができます。

④取引実績のある出品者を選ぶ

中古スマホに限らず、フリマアプリではトラブルが付き物です。

特にスマホ等の精密機械かつ高額取引の場合には、トラブルが生じやすいと言えるでしょう。

少しでも気持ちのいい取り引きをおこなうためにも、出品者はなるべく取引実績の多い方を選ぶようにしましょう。

まとめ

スマホのような高額商品をフリマアプリで購入することはリスクの高い行為になります。

一方で、そのリスクを許容してでも取引を行いたいような、魅力的な価格での出品がフリマアプリには多数存在します。

フリマアプリを利用する場合には、上記のような確認事項をしっかりと確認することで、トラブルのリスクを可能な限り減らしましょう。※


※本記事はフリマアプリでのスマホ取引を推奨するものではありません。取引を行う場合には自己責任にてご対応くださいますよう、よろしくお願いいたします。


はじめてのメルカリの使い方 (BASIC MASTER SERIES)

はじめてのメルカリの使い方 (BASIC MASTER SERIES)