スマホ節約人(節約×投資×スマホ)格安・中古スマホ駆け込み寺

株主優待や格安・中古スマホを中心とした節約ブログです。お得なスマホニュースや、生活レベルを下げない節約テクニックを紹介します。不動産、ペット、ゲームにも興味あります。

格安SIM~BIC SIMの評価~

BIC SIMについて

BIC SIMとは、インターネットイニシアティブジャパン(以下、IIJ)がビックカメラにて販売している格安SIMになります。

ビックカメラやコジマの窓口で申し込みや受け取りが可能です。

IIJの格安SIMは満足度調査で一位を獲得したこともある、非常に安定したSIMになります。

BIC SIM公式サイトはこちら

BIC SIMのポイント

・料金=標準的※
・通信速度=標準的
・機能=充実
・端末割引=充実
・その他=店舗での相談・手続き可能

※料金についてはキャンペーン期間中は業界最安値⇒キャンペーンHP

BIC SIMは格安SIMデビューに最適!!



料金プラン

音声通話付きSIM

3GB=1,600円(タイプD/タイプA)
6GB=2,220円(タイプD/タイプA)
12GB=3,260円(タイプD/タイプA)

SMS機能付きSIM

3GB =1,040円(タイプD) /900円(タイプA)
6GB =1,660円(タイプD) /1,520円(タイプA)
12GB=2,700円(タイプD)/2,560円(タイプA)

データ通信専用SIM

3GB =900円(タイプD/タイプA)
6GB =1,520円(タイプD/タイプA)
12GB=2,560円(タイプD/タイプA)

料金プラン評価

音声通話付きSIM、SMS機能付きSIM、データ通信専用SIMどれも標準的な価格です。

というより、BIC SIMを運営しているIIJは格安SIMの老舗であり、IIJが料金プランのスタンダードといっても間違いではありません。

SMS機能付きSIMのみ、docomo(タイプD)とau(タイプA)で料金が異なります。

楽天モバイルやUQモバイルなどは料金が複雑であり、考えていたよりも電話代が高くなることもありますが、BIC SIMであれば上記の料金+通話代で収まりますので、安心の価格設定です。

通信速度

タイプD、タイプA共に標準的な通信速度です。特別早いわけでもないですが、安定した通信速度を保っており、安定感には定評があります。

また、基幹基地局が2ヶ所に別れており、他の格安SIMと比べると災害時にも強いと言われています。

低速モード

低速モードと高速モードを専用アプリで切り替えることが出来ます。

低速モード時の通信速度は最大200kであり、実際の通信速度も200k前後で安定しています。

低速モード時には通信量を消費しませんので、SNSや軽めのゲームをする際には低速モードに切り替えると良いでしょう。

3日以内に360MB以上の使用があると200kより速度が遅くなるよう制限される旨の表記がありますが、実際には360MB以上使用してもすぐには制限されないように感じます。

こまめに低速と高速を切り替え、上手に通信量を節約しましょう。

バースト機能

Webサイト閲覧時、一時的に通信速度を速くするバースト機能が搭載されています。

この機能があることで、低速モード時であってもWebサイトがストレスなく閲覧出来ます。

オススメの切り替えタイミング

高速モード利用推奨時間帯

・朝7:00~9:00
・昼12:00~13:00
・夕方18:00~20:00

特に昼12:00~13:00は高速モードであってもWebサイトの閲覧には若干ストレスを感じる速度となります。

朝夕は高速モードであればストレスなくWebサイトを閲覧できます。

低速モード利用推奨時間帯

・上記時間帯以外
バースト機能があるため、朝昼夕以外の時間帯は低速モードでもストレスなくWebサイトを閲覧できます。

端末割引

音声通話付きSIMとの同時購入で端末代金を割り引くキャンペーンが随時開催されます。

特に、2019年2月から5月に開催されていたキャンペーンでは業界最安値で端末を購入できるタイミングでした。

端末も同時購入したい場合には、キャンペーン開催時を狙うと良いでしょう。



その他

ギガぞうフリープランが無料

公衆Wi-Fiが利用できるギガぞうのフリープランが無料で使えます。

BIC SIMのIDを入力して登録することで、Amazonギフトやコンビニで利用できるギフトコード500円分も付与されます。

また、現在は有料プランも4ヶ月無料で利用できます。

店舗による即日対応

BIC SIMはビックカメラやコジマの窓口での購入・手続きが可能です。

他の格安SIMは切り替わるタイミングによっては電話が使えなくなる期間も生じますが、BIC SIMであればその心配は不要です。

また、不明な店があればとりあえず店舗に出向いて相談できる店が魅力でしょう。

対応が無料か否かは内容によりますが、ビックカメラかコジマに出向けば一度話しを聞いてもらえる。この点がBIC SIMの魅力であり、最大のメリットです。

総合評価

格安SIMデビューであれば、BIC SIMは第一候補と考えて間違いないでしょう。

通信速度をこそ標準的なレベルに留まりますが、それ以外のサービスについては頭一つ抜けています。

また、ビックカメラやコジマで手続きができ、気軽に相談できるという点が安心感に繋がります。