スマホ節約人(スマホで節約×副業×投資)

スマホを活用した節約・副業・投資・資格で人生を豊かにします!!格安・中古スマホのお得なニュース最新機種のレビューもあります♪♪

格安スマホのサービスが年々良くなる理由!!

格安スマホ、と言っても端末ではなくSIMのお話になります。

 

楽天モバイルを筆頭にIIJmio(ビックシム含む)、LINEモバイル、mineoと最近サービスが充実した格安SIMが目立ちますね。

 

少なくとも、私が格安SIMに参入した6〜7年前よりは各社も速度が安定しており、お昼や一部の時間帯を除けばストレスなく利用できますね。昔は通信速度誤魔化したりとか色々あったんですよ(笑)

 

なぜ、サービスが改善されているかご存知ですか??

 

格安SIMの通信コストは年々下がっている!?

 

その理由が、こちらの記事にあります。

 

k-tai.watch.impress.co.jp

 

そう、格安SIMは大手キャリアからの接続料金が年々下がっているのです。

 

じゃあ格安SIMはもっと値下げ出来るんじゃ…と思われるかもしれませんが、そんなわけにはいかないようです。

 

通信設備には初期投資が必要であり、MVNOと言えどそのコストはそれなりにかかります。まずはそれを回収していかないといけません。

 

さらに、通信を安定させるために、利用者数以上の通信枠を購入する必要があり、ここにも莫大なコストがかかっています。

 

つまり、通信速度が速い会社=枠を余裕を持って購入してる会社というわけです。

 

安いけど遅さを我慢するか、少し高いけど速度の安定を求めるか…ここは好みと問題になりますね。

 

IIJは接続料が予想より低下しなかったため、利益を圧迫しています。その分だけ、通信速度が改善される可能性は低いと考えられるかもしれません。もちろん、たとえ赤字になっても改善するケースもあるので、そこはなんとも言えませんが。

 

楽天はこの辺りが融通がきかず、独自のサービスが展開しづらいことから第4のキャリアを目指しています。

 

各MVNO社の決算報告を見ると、今後ますますサービスが充実しそうだな?などの予測を立てて格安SIMを選ぶことができます。

 

格安SIMは評判がいいと利用者が増えて通信速度が下がる、ということが往々にして発生します。

 

今の評判はもちろん大事ですが、通信分野に力を入れている会社なのか、決算的に設備増強の余裕はあるか、なども考えながらサービスを選ぶと良いかもしれませんね。

 

なお、通信事業がメインのIIJmioは多少決算が思わしくなくとも、通信事業の力を抜くことはない(と言うかできない)ので、ご心配なく(笑)